前へ
次へ

向き不向きがあるカタログギフト

カタログギフトなんて選んだことがない人もいるでしょう。ギフトアドバイザーがいるなら、目的別にアドバイスや提案もしてくれます。しかし、ギフトアドバイザーがいないのならば、目安になるのは予算です。そして、ギフト選びに迷うときにカタログギフトを選ぶことが前提です。最初から、カタログギフトで済ませてしまうのは、お礼やお祝いをしたい相手方に失礼です。贈る相手の好みを調べてみたでしょうか、遠方に住む相手ならばそう簡単には調べることができないかもしれませんから、その際はカタログギフトを贈ることを考えに入れましょう。もしも好みが分かっているなら、さらに上質ギフトで差をつけましょう。注目のブランドや、上質なアイテムを厳選してみましょう。デパートなどには、専門のアドバイザーやコーディネーターがいますから相談しましょう。それでも気に入る1品が見つからないのなら、ブランドギフトが掲載されているカタログギフトを考えに入れましょう。目上の方に対して、失礼にあたらない方法にもなります。

親しい方の場合には、お礼やお祝いの挨拶状でも十分でしょう。しかし、親しい仲にも礼儀あり、という言葉通り、挨拶にもぴったりのプチギフトがあります。自分の親ではプチギフトでも十分でしょう。カタログギフトでも、プライスダウンされているケースがあります。そうした割引サービスを上手く活用して気持ちを伝えることも必要でしょう。ちなみに、金券などは目上の方へ贈るのはタブーとされていますから、せめて、ビール券や商品券などを選ぶようにしましょう。同僚やグループなどには、低価格でのギフトを選ぶことになりますから、この場合には小分け包装であるものを品定めしましょう。1人でも違う品を貰ったことが分かれば、仲違いする可能性も否めないからです。食品、タオルなどが無難なセレクトになるでしょうが、この場合にはカタログギフトよりも雑貨屋、デパートなどを活用してもいいのではないでしょうか。

Page Top